2種類のヨーグルトと腸内環境の改善度合いの違い

腸内環境を整える方法となると、ヨーグルトが候補の1つになります。そしてヨーグルトも、実は2種類あるのですね。ビフィズス菌が含まれているタイプと、そうでないタイプになります。そして前者のタイプのヨーグルトの方が、お通じに対して大きな変化を及ぼすと言われています。

 

一般タイプのヨーグルトより効果が大きなビフィズス菌入りの物

 

そもそも市販の大抵のヨーグルトは、2種類の乳酸菌が関連しているのですね。ブルガリア菌とサーモフィラス菌です。そして一部の乳酸菌には、その2つの菌類に加えてビフィズス菌も入っています。
そのような2つのタイプのヨーグルトがある訳ですが、それには成分の違いだけでなく、人間のお通じの回数に関する違いもあるのです。

 

というのも、以前に排便回数に関する実験が行われた事があります。まずヨーグルトを摂取している方と、摂取しない方のグループに分けて、排便回数がチェックされたのですね。その結果、前者の方々の方が明らかに回数が多くなっていたのです。その方々の場合、1週間に4回以上はお通じが来ている状況だったようです。ところがそれを摂取していない方々の場合は、4回になるかどうかも微妙な状況だったようなのですね。つまりヨーグルトは、まずお通じとは大きな関係がある訳です。

 

次にそのヨーグルトの中でもビフィズス菌が含まれているタイプに対する調査が行われました。すると通常タイプのヨーグルトを摂取している方に比べれば、明らかに排便回数が向上していたのですね。1週間に5回くらいの便通が来ていたようです。

 

つまりビフィズス菌が入っているヨーグルトの方が、入っていないタイプに比べると大きな効果が期待できる事になります。もちろん入っているタイプの方が、私たちの体は健やかになってくれる傾向があります。入っているタイプの場合は、それだけデトックスが促進されやすくなるので、お腹の中の老廃物が除去される訳ですね。それはもちろん、腸内環境の改善にもつながる事でしょう。ですので、ビフィズス菌入りのヨーグルトの方がベターだと考えます。

 

考えてみれば、それも当然ですね。ビフィズス菌には整腸作用がありますので、お腹の中で大活躍をしてくれる傾向があります。腸内環境がいわゆる善玉寄りになってくれますので、それだけお通じの回数も向上しやすいのでしょう。
ですので市販のヨーグルトを購入する時には、必ずパッケージを確認する方が良いですね。必ずどこかにビフィズス菌の有無が記載されている筈なので、それを確認してからヨーグルトを購入すると良いでしょう。
出典>乳酸菌で通年性アレルギー性鼻炎の改善